メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
内宮中学校PTA研修会  
1か月ほど前でしょうか、
以前教室にお越しで、熱心に勉強してくださっていたNさんから
お電話をいただきました。
中学校の家庭教育部の役員になったのだけど
研修会の講師として来てもらえないか、という相談。
Nさんは遠方に転居されたので、教室にはお越しになれなくなりましたが
その後も、お菓子作りなどで、お手伝いをしていただいていたので
二つ返事で、日程さえあえば、喜んで・・・と

ところが、思いがけなく早い時期で、込み合った日程の中に
なんとか入れなくてはならなくなりました。

出来るかな・・・・と思ったら出来ない。
行けるかな・・・・と思ったら行けない。


これは、高校時代、中四国チームの監督だった
鶴峯先生を、大学生になって訪問したときに教えていただいた言葉です。
鶴峯先生は、当時広島県内に有名選手を集めた広島工大附属高校があるにもかかわらず
県立尾道高校で、地元の子どもたちを育てて全国制覇をした名監督です。

早朝練習と授業後(彼らは、特別なカリキュラムではなく他の高校生と
同じことをこなしてからの練習です。試験中は試験勉強に専念します)
毎日10000Mの練習がどうしてできるのか、と尋ねたときに
やれるかな、とか、プールに行かなくては、とか、しんどいな、と
思ったら出来ない、何も考えずにプールに向かうことだ、と
言われました。このことを、のちに無意識化・自動化という言葉で
再確認したのですが、何かを成し遂げることが出来る人は
山の前に立って、山の高さに溜息はつかないのでしょう。

よくドタキャンする人は、おそらく、近づくと
ああ、これもしなきゃ、あれもしなきゃ、という思いがわいてきて
そんなことしている場合ではないわ、と思うのではないでしょうか。
私もいつもドタキャンの誘惑と闘っていますから、よくわかります。
しかし、ドタキャンした後に、不参加で生まれた時間をどれほど有効に
使えたかと考えると、不義理をしたわだかまりが残っただけ、ということも
あるように思います。

話が横道に逸れましたが、その日が空いていれば、前後がどんなに忙しくても
行けないはずはない、と、喜んでお引き受けしました。

お子さんが中学生になると、働いているお母さんも多く
本日の研修会参加も、進んで参加した人はごくわずか
学校のPTA活動「一人一役」で何かには参加しなければならないので
これを選んだ、という人が大半でした。
それで欠席0は素晴らしいです!

お子さんが中学生になったら、親は、いってらっしゃい、と朝送り出して
教材費と給食費を払ったので、いいのでは、とふと思いました。
仕事を休んでまで、学校行事への参加を強制しなくても・・・・

ただ、仕方なくいらしたみなさんが、シブシブ来たけど、
良かったわ、と思っていただけたらいいな・・・と思って
お話させていただきました。

どうだったのかな・・・・??

お昼で終わったので、以前友人に連れてきてもらった
「夢うらら」でランチしました。
P1090744.jpgP1090748.jpg


いただいた講師料の封筒から、本業を休んで手伝ってくださった
アシスタントと二人分の食事代を支払って
なんともいえない幸福感。
いい一日でした。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する