メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
自然エネルギーと原発のこと
我が家は早くから太陽光発電を設置しているので
原発反対派だとみなさん思っておられるかもしれませんね。

賛成、推進ではありませんが、「どうしようもない悲しみ派」
というのが一番近いかもしれません。

20年前、自宅の南屋根と西屋根に設置した太陽光発電の費用は350万円でした。
ゆとりがあるわけではありませんでしたが、子どもたちの未来のための投資として、
わけのわからない環境団体に寄付をするよりは、太陽光発電を設置しよう、と決めたことです。
原発を無くすというより、「これ以上増やさない」ことが願いでした。

しかし、その期待は裏切られ、山の中の、人が居ないような場所にも
自動販売機が煌々と輝き、大型娯楽施設は不夜城のように電気を使っています。
自分がこれから座る便座の蓋を電気を使って開閉し、手を使わなくても
自動的に掃除をさせます。
大江健三郎さんが侮辱の中に生きている、と言われているお気持ち
私とは全然違うと思いますが、願いを踏みにじられていることには
私も同じ思いを抱いています。
今よりも少ない原発で高度成長を遂げてきた日本人は、贅沢や楽をすることのために
沢山の電気を必要とするようになりました。

太陽光発電の設置を検討する人から相談されることがあります。
一番の関心事は、「元が取れるか?」ということです。

海外旅行をしたり、ベンツを買ったりする人たちは
元が取れるか考えてお金を使っていらっしゃるのでしょうか?
海外へ行って楽しい、かっこいい車に乗って嬉しい・・・
それと同じように太陽光発電にして嬉しいだけなのです。

今、我が家は自然エネルギーの買い取り価格が上がって
買い電力金額より、売り電力金額の方が上回っています。
お金がいらないというわけではありませんが
もっと大切なことに使っていただきたいと願います。

こんなことを言うと偽善者と思われると思いますが
こんな原発だらけの日本に、子どもたちを残して先に死ぬことが
とても悲しいのです。
一度抱えてしまった核は、今のところ、消し去ることはできません。

願いは、「私たちが想像する以上に人間は丈夫で
放射能の影響も、今想定しているほどのことは無い」こと
そして、叡智に溢れた人がこの状況を打破してくれる日が来ることです。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する