メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
パソコンの無駄を捨てる技術 ~パソコンクリニックさんに感謝
「サクサク動く」ことを求めて今まで何冊のPC本を買ったことでしょう。
よく読んで、いろいろ試してみましたが、思うように改善されないどころか
いじって余計な負担をかけてきたように思います。

pasomuda.jpg

待ち合わせのコンビ二で、この本をみかけました。
パラパラと眺めてみると今までのこの手の本とは、アプローチがぜんぜん違っていました。
そのときには購入しませんでしたがネットで書評を見て、再度立ち読みをして買いました。

今までは、負担のかかるファイルをどのように整理するか、とか
便利なソフトで管理統合することを勧めるものでしたが
こちらは、不必要な機能を削除したり止めてしまうので
少し勇気がいりますが、おかげで、壊れたのでもう捨てようと思っていた
レッツノートが生き返ったのです。
例えば、エラー音を削除する
エラー音なんて出なくても画面にエラー表示がでますし、
基本的にスピーカーは切っています。
また、本を見ながら、あればいいけど、なくてもいい機能を削除していき
今、このブログを書いていますが、驚くほどサクサク動いています。
他にも知らないうちに自動的に作られているファイルを削除したり
自動保存されたオートコンプリートを削除しました。

要は、このパソコンを使って何がしたいか?です。
買い換えたメインPCがありますからレッツノートは
古いけれど、軽量なので、出先でメールチェックとインターネット接続
今必要なファイルの閲覧修正、DVD視聴、程度で
ほかの機能はすっぱり捨てることにしました。
ヘルプもほとんどネットで検索できるので削除しました。

パフォーマンスに問題があると思っているうちに
充電もできなくなり、購入店に相談すると、基盤から換えて3~5万円かかるといわれ、
充電できても、動きがとても悪いので、投資の価値がないと思っていました。

ところが、以前こちらでご紹介したパソコンクリニックさんを思い出して
相談してみました。
パソコンクリニックさんは、すぐに直して、というと
それなりに費用もかかると思うのですが、いつでもいいから、という依頼には
同型の中古を探して、見つかるとと連絡をくださって、そこから価格の相談になります。
以前も割れた液晶を蓋ごと付け替えてもらったので、液晶も明るく新しくなった上に
ちょっと傷ついていた天板もきれいになって感激しました。

今回も同型の基盤が出たら、PCそのものを買って入れ替えるので
少し高くて12000円くらい、と言われたので、ふたつ返事でお願いしました。
とりあえず、預かってみる、とお渡ししておいたのですが
連絡があり、本体側のジャックをテストしたけど問題なくて
充電ケーブルの電圧を測ると不安定だから、こっちですね、と
親切に純正でなくてもいいのなら、中古屋でこのタイプのものを
買えばいい、と規格やメーカーまで教えてくださいました。
販売店では、基盤を替えるか、買い替えしか方法がない、といわれたのに・・・

で、おいくら?と尋ねると、何もしてないからいい、と言うのです。
知人でもないし、もともと検索で見つけてお電話した赤の他人ですから
取りに来ていただいて、調べてもらって、タダというわけにいきません、というと
じゃあ、うちにある、新品の充電ケーブルをおつけして2000円で、と。
中古でもそんな値段では買えませんから、3000円とってください、と
無理やり、お礼のワインと一緒に渡しました。
買いに行く手間や、行ってもこれであってるのかドキドキしながら
選ぶ手間が省けて本当によかったです。

暑さに茹だっていましたが、爽やかな風が吹いた一日でした。

追記
こちらに本をご紹介すると「貸して~」とよく言われるのですが
この本は、本来搭載されているPCの機能を削除したりするので
慣れていない方には、お貸ししかねます。
また、私も全部を試したわけではないので、しばらく手元に置きたいと思います。
出版社をご紹介しますので、興味のある方は、そちらへお問い合わせくださいね。

株式会社 アントレックス 580円
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する