メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
心と働きで作る新しい未来

ハーブ体験コーナーにいらした年配の女性。

ずっと前に、大きな助成金を使ってハーブで町おこしを頑張ったけど
久万高原の気候に適しているといわれたラベンダーも3年くらいで枯れたし
助成金が終わると誰もハーブって言わなくなった。
がっかりしている・・・と。

ハーブがお好きなのに、夢が壊れたと話されたその方に
「もう一度夢を追いかけてみませんか?」とお誘いしました。

今回、助成金はハーブフェスティバルを小規模に運営するのがやっと。
民間が潤うようなお金はありません。

この機会に、住民がそれぞれの埋もれていた智恵や経験を掘り起こして
繋がり、新しい形の町おこしを、お金ではなく、「心」や「働き」で作っていきませんか?

かつては、いろいろな方が助成金や町の経費で招聘されて
ハーブや食の町おこしを担当されたそうです。

私は、過去13年にわたり、私たちがやってきた環境教育活動に対して
町の施設を優先的に使用させていただいたり、バスを出していただいたり
久万高原町の活動とリンクさせていただいたりと、そういうご好意に対して
13年分の恩返しを、私にできる「ハーブ」という形でやっていきたいと
考えてます。

ですので、過去にハーブで町おこしに心破れた方も
是非是非一緒に楽しみながら新しい形の町おこしを考えていきませんか?

その過程を楽しみ、希望に繋がるよう、お仲間になってください。
久万高原町以外のみなさまも、この楽しみにご参加、応援
よろしくお願いします!

画像は、久万高原広域森林組合の梶川さんが作られた動画からお借りしました。梶川さんも職務というより、趣味として楽しいと仰ってくださっています。そういう気持ちを持った人たちと未来に夢を繋ぐことができたらなあと思っています。


ハーブでバレンタインチャリティーforあしなが育英会

毎年参加しているコムズde遊ぼう

今年は、「ハーブでバレンタイン」ハート&チャリティーをテーマに参加
することにしました。

今、受験シーズンですが、
「親を亡くした子どもたちに進学の夢と心のケアを」と1988年から
四半世紀に渡って支援活動を続けている
「あしなが育英会」への支援を目的にチャリティーを行います。

支部会員へは
① ハートのサシェを作る
② サシェの袋詰めをする
③ 寄付をする
④ ハートにちなんだ作品を出品する

の呼びかけをしました。例年は当日参加できる人や出品できる人だけが
参加して終わるのですが、ほとんどの会員が上記のいずれかに参加し、
複数の項目で支援をしてくれる会員もあり、
1週間かけての準備や作業は、会員の心が繋がる良い機会となりました。

明日は、私たちの手作りのハートのサシェや石鹸、アレンジメントなど
ご覧になって、親御さんを亡くした子どもたちへのご支援をよろしくお願いいたします。



JHSの魅力


ジャパンハーブソサエティの新しいホームページ作りに関わっています。
新しいホームページでは、ジャパンハーブソサエティの魅力をより周知できるよう、魅力的な会員さんを紹介するコーナーがあり、候補になった人に電話でインタビューをさせていただきました。

ハーバルモモを主宰されている園藤祐子さん(埼玉県)
ハーブランドシーズン代表の永嶋節子さん(新潟県)

面識の無いお二人とお話をさせていただいて
その魅力にぐいぐい惹き込まれました。
ハーブの知識や魅力を伝える力も凄いですが、
お二人とも人間的な魅力に溢れていて、生徒さんたちは
ハーブの魅力と共に、この方達に会いたくて講座に通われるのだろうなと
思いました。

お二人とも、ハーブを「育てて使う楽しみ」を伝えておられることです。
机上の学習ではなく、土からハーブを育て、余す所なく使う方法を楽しみとして
提供されていて、お話を伺っているとワクワクしてきます。

他にも既に交流のある多くの先生方が経験豊かで魅力的な方々なのです。
ハーブソルトin伯方の塩 ~ リベンジ企画!
夏に台風で中止したハーブソルトづくり
伯方塩業の皆様のご好意により、リベンジ企画いたしました。
紅葉に彩られた美しい瀬戸の島々を眺めながらいらっしゃいませんか?
詳細は伯方塩業さんのHPでご覧いただけます。
http://www.hakatanoshio.co.jp/news/blog/news/news_5033.html


ベルローズの薔薇を染める

10月の薔薇染めの打ち合わせのため
ベルローズのゆきさんと待ち合わせをして、まだ途中ですが
試し染めをしたものを見ていただきました。

薔薇の花びらで自然に染めたものは、元の花びらの色とはかなり違って
落ち着いた色合いになります。

花びらの種類や媒染を変えながら、試し染めをしています。
なるべく同じ環境で、と思って毎日同じ時間に染めています。

今までいろいろな薔薇で染めてきましたが全然違う、と思いました。
ベルローズの波動薔薇で染めたものは、色合いや光沢はもちろんですが
布地が発する優しさが違うように思います。

過去に染めたものを並べて比べてみるのですが、
今まで私が染めたものは、うまく表現できませんが「尖った」感じがします。

ストールやショールは誰のために身につけるのでしょう。
それを纏った姿を見る相手のため?纏ったショールに包まれている自分のため?

今までそんなことを考えたことも無かったのですが、
このストールは、身に纏う人のために在る、と実感したのです。

そんな話をゆきさんにしたところ、直接そのことへのお返事ではありませんでしたが
掌(タナゴコロ)を重ねて胸に当てることを習った、と教えてくれました。
教えていただいたとおり手のひらに空気を含ませるように重ねて胸に当ててみました。
そうすると、とても温かくて自分自身が自分へ「大丈夫だよ」と言っているような
温かさを感じたのです。

人は自分の中に癒す力を持っていると言われていますが、
心が折れそうな時、眠れない時、痛くて辛い時
こんな風に掌を重ねて自分のために手当してみたいと思いました。

試し染めはまだ続きます。

この講座は、発表後すぐに満席になりました。


プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する