メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
ハワイ へっぽこ 一人旅 ① ~ 旅のはじまり~
旅の始まり
家の近くのバス停で、買い物帰りの義母にバッタリ。見送ってもらいました。
乗り換え時間の関係で、空港まではリムジンバスではなく、路線バスで。
隣に座った素敵なご婦人が咳をされていたので、生姜キャンディを差し上げたら、
お礼にと虎屋の羊羹頂きました。

76歳と言われるその方は100歳まで元気で生きる、と公言されているそうです。
毎日日記を書いているけど、書くことがあまり無く、あなたに会えて楽しいお話し出来て、
今日は本当にいい日だわ、と嬉しそうにお話しされ
お名残惜しいわと言いながら空港通り1丁目で降りて行かれました。
振り返ると、ずっと手を振って送って下さっていたので、私も一生懸命手を振りました。
ハワイ へっぽこ 一人旅① ~ 発端 LALOALOカードとESTA~
ハワイ へっぽこ 一人旅
どうしてこういう流れになったのかは
またあらためてご報告するとして
12月上旬に一人でハワイへ
行く事になりました。
決まったのは、11月上旬
初めてのハワイ、それも大観光地へバックパックで
ロクに英語も話せない還暦過ぎたオバちゃんが一人で行くって・・・・
降って湧いた話ではありますが、夫から
チケットをプレゼントされて、大丈夫大丈夫とお尻を叩かれて
最初は、乗り気じゃなかったのですが、行く事にしました。
どうせ行くなら、下調べしなきゃ、と「地球の歩き方 ハワイ1」を購入
ハワイに行くのに、こんなん買うん?と夫に呆れられましたが
結構読み込んでいます。

高校時代、参考書をここまで読み込めたら、違う人生があったかも^^;
いや、無い無い・・・・・
ということで、なかなか不親切な夫に相談すると
空港送迎なんかいらん、電話でやり取りしながら
お互い見つけるのが面倒だ、とか (これは後になってその通りと思いました)
日本語スタッフが居ないホテルの方が安いとか
少し遠くても、バスは定額2ドルだからとか
言われてホテルを予約したものの、路線バスは
大きな荷物を持った人は乗せてもらえないことがあると判明
タクシー?? こちらで予約しておいたら楽だなあと
思って調べていたら、こんなサービスがJALにありました。
JALOALOカード

出発の10日前までに申し込みが必要ですが
10日以内の申し込みなら現地で受け取れるらしいので、申し込みました。
で、何はさておき ESTAの申請をしておかなくちゃ・・・と
思ったら、アメリカ合衆国、メンドクサイ・・・
そういえば、9.11以来初めての渡航・・・・・

まあ、訊かれるとおり答えていけばいいのですが
答えなくもいいのにSNSを尋ねる項目があったので、
うっかりFacebookを選択すると登録の名前を訊かれ、
見られたくないので取り消そうとしたら、最初から全部やりなおさないと
そこは取り消せない、逆に取り消したら怪しまれるカモ知れないと思い、
素直に名前書いて申請しました。
まあ、私のこのFacebookに米国政府機関が関心持つはずないでしょうから。
犯罪歴とか既往症、以前の職場、両親の名前まで訊かれて、
72時間以内に承認の可否が表示されるので見に来るようにと書かれていたので
まさかまだよね、と30分くらいして覗いてみると、もう承認されていました。
disinformation
disinformation
国家を揺るがす偽情報の問題がここのところニュースになっています。
これは、個人間でもよくある事ですね。
A 事実でない報告、情報の発信者
B それを鵜呑みにする者
Aは悪意に満ちた悪巧みで罪深く
Bはただの不見識??
そうとは言えませんよね。
Aは、Bの「期待」に応えて後者が喜ぶであろう
事実無根の報告や情報を提供している場合もあります。
いずれにしても、AにもBにもならないことこそが
人としての品性だと思いますが
この世は悪い人が強くて、上品で誠実な人は
踏みつぶされてしまう・・・・
お人良しでは潰される・・・・
いえいえ、ファーム富田の故富田忠雄会長は
「幸せなことに、今までの人生で人に騙されたことがない」
と言われていました。
もちろん、富田会長も人を騙したり偽情報を流したりなど
なさらなかったでしょう。
AにもBにもならない生き方・・・
それは、耳元で囁かれたことに左右されず
自分の目で見て確かめるまで、信用しないこと
他人の動静より、自分の大切なことに専念すること
AやBの多い環境から離れること
そして、言わせておくこと
人を陥れようとする人を見抜けないような人に
どう思われたって、構わないと腹をくくることです。
皆さんによく、お勧めしている
「菜根譚」
前章
一 人たるの道を守る
初っ端にこう書かれています。
棲守道徳者 、寂寞一時 。依阿権勢者 、凄涼万古 。達人観物外之物 、思身後之身 。寧受一時之寂寞 、毋取万古之凄涼 。
人としての道をしっかりと守っていれば 、仮に不遇な状態に陥っても 、一時のことにすぎない 。権勢にこびへつらえば 、仮に得意の状態にあっても 、長続きしない 。道を極めた人物は 、世俗の価値にとらわれず 、死後の評価に思いを致す 。一時は不遇な状態に陥っても 、人としての道を守って生きるほうがはるかに賢明ではあるまいか
玄関の灯り

25年前に家を建てた時に
玄関の壁のランプが気に入らなくて
自分で探してつけますので、と言ったきり
なんと、玄関なのに・・・
配線が飛び出していることすら気にもならなくなり
このままで25年
立脇紘子先生のお宅で素敵なアンティークを沢山見せていただき
帰りにそのお店に行ってみようと言う事になりました。
私は、知っているお店でしたので、行かないつもりでした。
ところが、車に乗ろうとして、ふと行ってみようかな?と思い
私も行く、とみなさんを先導してリッチモンドへ行きました。
階段を上がると目の前にウォールランプがあり、あ、と思い出しました。
奥のビクトリア展では、もうウォールランプしか目に入らず
その中でも最初からずっと気に入っていたものを
選んで、取り付けにきていただきました。
25年前に、もし同じものに出会っていても
きっと選ばなかったでしょう。
共働きで、アンパンマンマーチが流れる我が家には
ブロンズの金具やスリスタルのシェードは似合わなかったでしょう。
今だから、このランプの良さを見つけることが出来たと思います。
あの時、用意されたものを取り付けていたら、
きっとそのまま換えずにいたことでしょう。
玄関の一角に新しい灯りがともったことで
ここからどんな暮らしが広がって行くのか楽しみです。

よく、こういう出会いを「引き寄せ」という方がいらっしゃいますが、
私は素敵なことがある度に、私を大切に思って下さっている方々の
お力で出会わせて頂いた、と思っています。
今回は、素敵なアンティークを惜しみなくお見せ下さり
リッチモンドをご紹介下さった立脇紘子先生
行ってみようと行動されたアンのお茶会の仲間たち
そんなみなさんに出会わせて頂いたと思っています。
高校時代

高校時代の親友と久しぶりに二人でのんびり会いました。
彼女の活躍が、自分のことのように嬉しくて
やっぱり学生時代の友だちっていいですね。
お互い、高校時代はこんな風になるとは
思ってなかったねーと笑い合いました。 本当に。
あの頃描いた未来って・・・
描いてない! 未来なんて永遠にあると思っていました。
人生には限りがあって、いくつもの道を歩けないということを
あの頃は、少しも考えてなくて
どんな人生が待っているのか、どんな人と出会うのか
期待も不安も無く、ただなんとなく未来は明るいと思っていた・・・
今の高校生はどうなんでしょう・・・


プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する